佐川建設のすまいと建築

高断熱+高気密を積極採用

 北国の厳しい冬を快適に過ごすための秘訣。寒冷地の住宅の性能は年々高められてきました。高断熱と高気密はセットになって初めて本来の力を発揮します。佐川建設では改正省エネ法(R3)に対応した省エネ性能である外皮性能(≒断熱性能)を高い水準で確保しながら価格とのバランスを検討します。

高度な構造検討で長持ちする家を

 業界標準ソフトである"wallstat"や"耐震診断Pro"を用いて、法で定められている検討に加え地震などの揺れに対する挙動シミュレーションを実施して、経済性とバランスの取れた計画とします。
 また、このシミュレーションは既存建物の耐震診断や耐震補強にも役立てることが可能です。リフォーム工事は耐震性を高めるチャンスです。

シンプルで美しい、経年変化を楽しめるサスティナブルデザイン

 竣工当時だけ見栄えの良いような流行に乗ったデザインではなく、長期的に見て劣化が目立ちにくい、あるいは経年変化が味わいとして成長していく意匠デザインをご提案します。
 お客様の生活スタイルと将来の変化に柔軟に対応できるよう、空間のつながり、家族のつながりとプライバシー確保の両方の観点から計画します。
 北海道の自然に溶け込み、四季の変化を楽しみ、自然とともに生きる建築を目指します。

新着記事